フィンペシアの副作用を理解する

抜け毛や薄毛が気になる男性が使いたいAGA治療薬フィンペシアですが、症状改善のために男性ホルモンへ作用するので、関連する諸症状を引き起こす可能性があります。

フィンペシアの副作用として報告されているのは、性欲減退や勃起不全(ED)・頭痛や腹痛・食欲不振・酷い倦怠感・肝機能障害などの症状です。

服用前に副作用を知っておくことは大切ですが、性欲減退やEDについては強い不安から発症する恐れもあるので、気にしすぎはよくありません。

ただ、飲んだ後に身体の異変を感じた場合、正しい判断と対処ができるよう副作用についての知識を身につけましょう。

フィンペシアの副作用と注意点

男性ホルモンの一種がAGAの原因物質に変化してしまう際に必要な酵素に対して、フィナステリドは作用してくれるのでホルモン量が影響する性欲減退やEDは少数例ながら、起こる可能性があります。

また普段とホルモン量が異なったり、他の成分が摂取されることから頭痛や腹痛・食欲不振なども報告されているのです。

特に副作用のなかでも注意したいのは、肝機能障害ですが酷い倦怠感に関しては、肝臓の働きが良くない前兆である症状のひとつでもあります。

その場合は早急に病院を受診して、血液検査をおこなう必要があるのです。
肝機能障害を引き起こしている場合は、フィナステリドおよびフィンペシアの服用を中止してください。

そして服用時、食事の影響を受けることはなく、他の薬との併用も問題はありませんが、円形脱毛症や抗ガン剤などによる脱毛には有効性がないなどの理由から適用されない場合もあります。

服用が禁止されている場合もある

過去にフィナステリドの成分もしくはプロペシアなどの薬剤によって、過敏症(アレルギー)を発症したことがある場合の服用は禁止です。

AGAという男性型脱毛症の治療薬である以上、女性はもちろん妊娠中・妊娠の可能性がある女性の服用は禁止されています。

女性の薄毛原因は、男性の薄毛に関係しているジヒドロテストステロンの増加とは異なるため、有効性がありません。

それだけでなく妊娠中または授乳中の女性がフィナステリドを摂取してしまうと、男性ホルモンの分泌に作用して男児の生殖器形成に影響を及ぼす危険性があります。

この成分は外用薬にも用いられることで、割ったときには皮膚からも体内に吸収する可能性があるので、女性はフィンペシアに触れたり近づいたりしないほうがいいでしょう。

また高齢者や18歳以下の服用も禁止されているため、自分の判断で飲むことは止めてください。

気軽に利用できるフィンペシア通販ですが、個人輸入であり購入から服用まで全て自己責任となります。

副作用を含む服用禁止事項については前もって確認したうえで服用しましょう。

高い効果を得るためにも副作用の理解が必要

ノートに書き込む男性
プロペシアがAGA治療薬として有名だからといって、フィンペシアを利用する際に薄毛や抜け毛全般に効果があると考えていては副作用を引き起こしやすくなる可能性があります。

それはAGAという男性型脱毛症に限り効果があり、男性ホルモンの一種であるテストステロンが変化してジヒドロテストステロンを産生してしまうことを抑える働きがあるということです。

この働きは、女性はもちろん円形脱毛症や抗ガン剤などの副作用による脱毛症などへの効果は期待できません。

つまりAGA以外の薄毛や抜け毛で悩んでいる方が、フィンペシアを服用した場合は症状に関係していない男性ホルモンに作用して、何らかの副作用を引き起こしやすくなってしまうのです。

もちろん治療薬なので、AGAの患者が服用しても副作用が起こる可能性はゼロではありません。

正しい用法と用量で服用を続けることによって、副作用を抑えたうえで高い効果を得ることにもつながります。