フィンペシアの効果はプロペシアとほぼ同じで安い

AGA治療薬として知られるプロペシアですが、保険が適用されないため自己負担となります。

薬代に加えて診察代なども毎回かかるとなると、AGA治療のために通院を繰り返すことが難しくなる人も少なくないでしょう。

そんな方のために、通院する必要がなく薬代だけで済むフィンペシア通販がおすすめなのです。

プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアなら、安い価格で効果もほぼ変わらないとされていますが、実際どのような効果を持っているのか紹介します。

プロペシアと同じ有効成分「フィナステリド」とは

通販で買えるAGA治療薬フィンペシアは、プロペシアと同じフィナステリドが有効成分として配合されているジェネリック医薬品です。

フィナステリドには、男性ホルモンの一種が変化してAGAの原因物質ジヒドロテストステロン(DHT)になってしまうのを抑えることで、抜け毛などによる薄毛を防ぐ働きがあります。

ジヒドロテストステロンが毛髪の成長を妨げてしまうため、毛が太く長く成長する前に抜けるといった脱毛が起こるのです。

プロペシアの有効成分フィナステリドは、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変化される際に必要な5α‐還元酵素II型という酵素の働きを阻害する作用を持っています。

その作用によって、ジヒドロテストステロンの量を減らすことができるので、薄毛改善に役立つのです。

本来は前立腺肥大治療薬として生まれた

シートに入っている薬を差し出す医師
現在、病院で処方されるAGA治療薬の有効成分として配合されているフィナステリドですが、もともとは前立腺肥大治療薬として開発がはじまりました。

そして1992年に米国食品局(FDA)が、前立腺肥大治療薬としてフィナステリド5mg配合の「プロスカー」を認可したのです。

認可後も臨床治験を続けているなかで、抜け毛が減ったり髪の毛が増えたという声が多かったことによって男性型脱毛症(AGA)の治療薬としての治験が進みました。

すると、フィナステリド1mg配合の「プロペシア」として、FDAに認可されたのです。
その後2005年の10月には、国内厚労省で認可を得たことにより、日本の病院でも処方されるようになりました。

プロペシアの特許が切れると、ジェネリック医薬品としてフィナステリド錠も登場しています。

また日本ではまだ認可されていませんが、フィンペシアというプロペシアジェネリックが通販で安く買えることで人気が高まっているのです。

効果で初期脱毛が起こるってどういうこと?

抜け毛や薄毛が気になるAGAの治療のために、フィンペシアの服用をはじめて「抜け毛が増えた」という方は多くいます。
一見症状を悪化させてしまうため、すぐに服用をやめてしまう方もいるのです。

しかしこの症状は、抜け毛や薄毛が改善されるために必要な「初期脱毛」という効果があらわれている証拠といえます。
服用を始めてから2ヵ月が経たないうちに、1~2週間程度は一時的に抜け毛が増える期間があるのです。

実際その期間は少し毛髪の量はさびしいものになる可能性がありますが、発毛や育毛に大きな影響を与えるヘアサイクルを一旦リセットして正常化させなければいけません。

そのために、フィンペシアの効果があらわれはじめると初期脱毛が起こるので、服用中に抜け毛が増えてきてもすぐに服用をやめずにしばらく続けるようにしましょう。

初期脱毛が落ち着くと、徐々に太くて健康な毛髪が生えはじめて抜け毛の改善はもちろん、薄毛も良くなってくることが期待できます

フィンペシアの高い効果を得るためには

プロペシアジェネリックのフィンペシア商品画像
育毛剤といえば直接頭皮に塗布するなどの外用薬が多いなか、プロペシアは世界で唯一飲むタイプの育毛剤で、そのジェネリックだから通販で安いフィンペシアも同じです。

物理的な刺激だけでなく、体内から有効成分が働いて脱毛を防いだり、発毛・育毛を促してくれるため、高い効果が期待できるのです。

しかし、そのためには1日1錠を毎日なるべく決まった時間に水で服用するといった正しい方法で飲む他、3ヵ月~半年以上服用を続けることも大切といえます。

他の治療薬同様、高い効果があっても飲み方を誤ってしまうと、効果が十分に得られないどころか副作用で悩まされる可能性もあるのです。

プロペシアジェネリックである、フィンペシアの高い効果を得るためにも正しい飲み方についても事前に知っておくことをおすすめします。